楽天カードを持つメリット・デメリットや特徴、他社カードとの比較!!

楽天カードを持つメリット・デメリットや特徴、他社カードとの比較!!のアイキャッチ画像

今回は、私が所有している楽天カードについて解説していきます。

楽天カードには色々な特典や特徴があり、この記事ではそれらをまとめてみました。

これから楽天カードを作ろうと考えている人はぜひ参考にしてください。

楽天カードとは

楽天カード

還元率 1%
年会費 無料
ブランド JCB・VISA・Mastercard・アメリカンエクスプレス
保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円

楽天カードは入会金・年会費無料で作れるクレジットカードです。

なんと10年連続で顧客満足度1位を記録するほど支持されているカードなんです。

楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下「楽天カード」)は、公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会(代表幹事:茂木 友三郎 (公財)日本生産性本部会長 キッコーマン(株) 取締役名誉会長 取締役会議長)から発表された「2018年度JCSI(日本版顧客満足度指数(*1))調査」において、楽天カードが発行するクレジットカード「楽天カード」が10年連続でクレジットカード業種顧客満足の第1位になりましたので、お知らせいたします。発表日現在、10年連続での第1位は楽天カード含め3企業です。

引用元:楽天カード: 「楽天カード」、2018年度日本版顧客満足度指数調査において、10年連続クレジットカード業種 第1位を獲得

以下では、顧客満足度1位である楽天カードのおすすめポイントを紹介します。

楽天カードの良い点・メリット

まずは、楽天カードの良い点を紹介していきます。

最初にまとめると、

  • 入会費・年会費が無料
  • 楽天市場・楽天グループでの買い物でポイントアップ
  • ポイントが利用しやすい
  • 楽天Edyが便利

というメリットがあります。それぞれを一つひとつ解説していきます。

入会費・年会費が無料

楽天カードの大きなメリットといえば、やはり入会費や年会費がかからないという点です。

少しでも出費を抑えたいのであれば年会費無料だと助かりますね。

発行してもそれらのお金がかからないので、気軽に発行してみることができます。

楽天市場での買い物でポイントアップ

楽天カードを保有していると、楽天市場での買い物でポイントが+2倍になります。

通常の楽天での買い物に比べると、3倍ポイントがお得になるのです。

つまり、楽天の買い物した時100円で1ポイントから100円で3ポイントになります。

クレジットカード利用時に付与されるポイントを加味すると合計4倍のポイントが付く計算になります。

かなりポイントが稼げるので非常にお得です。

ただし!ポイントアップで付与されるポイントの一部は期間限定ポイントです。

クレジット利用分のポイント → 通常ポイント(2%)
ポイントアップ分のポイント → 期間限定ポイント(1%)

期間限定ポイントは、付与の翌月末の23:59までしか使えないのと、ANAマイレージとは交換できないので注意が必要です。

とはいえ、通常のポイントも2倍になるのでお得なのは間違いありません。

ポイントが利用しやすい

各クレジットカード会社はポイントと交換できる独自の特典を設けています。

その中には交換できる商品が少ないクレジットカードもあります。

楽天ポイントなら楽天市場に出品されている膨大な数の商品でポイントが使えるので、利用したい商品を探しやすいというメリットがあります。

せっかく貯めたポイントも欲しい商品がないと意味がありません。

その点では楽天ポイントが貯まる楽天カードは優れていると言えます。

楽天Edyが便利

最近ではコンビニやチェーン店などでの支払いに、電子マネーを利用している人も多いでしょう。

楽天カードには楽天Edyが付けられるので、電子マネーとしても利用できます。

楽天Edyは加盟店が多いので、いろんなお店で利用ができます。

楽天カードは楽天Edyの自動チャージにも対応しているので、わざわざチャージする手間も省けます。

さらにチャージ時に200円で1ポイント、支払い時に200円で1ポイントもらえるので、ポイントの二重取りが可能になります。

また、楽天ポイントはEdyに交換することができます。

楽天でポイントを使う予定がないという人も、Edyに交換すればポイントを利用しやすくなるでしょう。

海外旅行傷害保険付帯

無料にも関わらず、楽天カードには海外旅行傷害保険が付帯されています。

旅先でのケガや病気、トラブルをサポートしてくれるのは、とても安心です。

審査が比較的緩い

利用者が多いのは、他のクレジットカードに比べると審査が緩いからというのもあります。

基本的に高校生を除く18歳以上の人で収入があれば、アルバイト・パートでも申し込みが可能です。

配偶者に収入があれば、収入のない専業主婦でも申し込みができます。

もちろん、過去に延滞履歴があり事故情報が残っている場合など、何らかの理由により審査に落ちる可能性はあります。

実は私自身、過去に返済を延滞したことがあり信用情報に傷があったために、何年か前に審査に落ちた経験があります。

今では無事審査に通って楽天カードを作ることができました。

ブラックリストでも作れたクレジットカードはコレ。審査に落ちた人は試してみてください | NO TITLE

過去にやらかした私でも作ることができたので、普通の人は高確率で審査に通ると思います。

楽天カードのイマイチな点・デメリット

基本的に満足度の高いクレジットカードですが、少々イマイチな点もあります。

カッコつかない

デートや飲みで奢る時に、楽天カードを出すのがちょっと恥ずかしいです。

デザインがあまりかっこよくないのと、ステータスが高そうに見えないからです。

今時そんなことを考える人は少ないかと思いますが、ステータスを気にする人は一応頭に入れておいてください。

マイルを貯めるにはイマイチ

クレジットの利用でマイレージを貯めようと思っている人には、楽天カードをメインで利用するのはおすすめできません。

楽天ポイントはANAのマイルに交換することができるのですが、交換レートは以下のようになっています。

楽天ポイント 2P → ANAマイレージ 1P

つまり、還元率が0.5%なので、還元率が良くありません。

マイルを貯めたいのであれば、還元率が1%以上のクレジットカードにするべきです。

他社の年会費無料クレジットカードとの比較

同じく年会費無料のクレジットカードと比較をしてみましょう。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

還元率 1%
入会後6ヵ月間はポイント還元率2%
年会費 永年無料
ブランド Mastercard・JCB

入会費・年会費無料で人気があるのがOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)です。

入会後6ヵ月はポイント還元率が2%にアップで、高還元率を誇っています。

オリコポイントというポイントが貯まり、様々なギフト券や電子マネーと交換することができます。

楽天カード オリコカード
ポイント
還元率
1% 1%(入会後6ヵ月は2%)
ブランド VISA、Mastercad、JCB、アメリカンエクスプレス Mastercad、JCB
保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円 なし
マイル 2P → 1マイル 1,000P → 600マイル

旅行での保険はつきませんが、紛失・盗難保障が付帯されています。

もし、紛失・盗難に遭ってカードの不正使用を被った場合、届け出た60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害をオリコが負担してくれます。

楽天カードと比べても遜色のないおすすめのクレジットカードです。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

還元率 1%
年会費 2,160円(税込)
ブランド JCB・VISA・Mastercard
保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円

ゴールドカードは年会費がかかりますが、通常の楽天カードよりもお得な特典が色々あります。

ここからは、楽天ゴールドカードについて書いていきます。

空港ラウンジが年間2回まで無料で利用可能

楽天ゴールドカードを保有していると、国内主要空港、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川国際空港ラウンジを年間2回まで無料で利用することができます。

ラウンジではドリンクが飲み放題だったり、Wi-Fiが使えたりと様々な面で便利です。

出発までに時間がある時に、これらのラウンジが使えるのは良いですね。

楽天市場での買い物でポイントが+4倍

普通の楽天カードはポイント+2倍ですが、ゴールドカードなら+4倍になります。

内訳は、通常ポイントが+1倍、期間限定ポイントが+3倍です。

先ほども書きましたが、期間限定ポイントは、付与の翌月末の23:59までしか使えないのと、ANAマイレージとは交換できないので注意が必要です。

とはいえ翌月までにポイントを消費すれば、かなりお得なのは間違いありません。

ETCカード年会費無料

通常の楽天カードだとETCカードの年会費が540円(税込)かかります。

楽天ゴールドカードを持っていれば、ETCカードの年会費がかかりません。

高速道路などの有料道路でETCカードを使う人にはお得な特典ですね。

ちなみに普通の楽天カードでも、プラチナ会員・ダイヤモンド会員の人はETCカードの年会費がかかりません。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

還元率 1%
年会費 10,800円(税込み)
ブランド JCB・VISA・Mastercard・アメリカンエクスプレス
保険 【海外旅行傷害保険】最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】最高5,000万円
【動産総合保険】最高300万円

楽天プレミアムカードは、楽天ゴールドカードのさらに上位のカードになります。

上記ゴールドカードの特典はもちろん、以下のような特典も追加されます。

海外空港ラウンジサービス

楽天プレミアムカード会員は、プライオリティ・パス会員カードの発行を無料で申し込みすることができます。

プライオリティ・パスがあれば、世界120カ国400以上の都市や地域で、900カ所以上の空港ラウンジが利用できます。

国内でも利用できる空港がありますが、そのほとんどはゴールドカードで入れます。

海外でラウンジを使う人にとっては、嬉しい特典になります

保険が充実

ゴールドカードは海外旅行での保険しかありませんが、プレミアムカードなら国内旅行傷害保険が付いています。

国内旅行中の事故や、ホテル・旅館内での火災事故等に対して傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円が補償されます。

また、動産総合保険も付いています。

楽天プレミアムカードで購入した商品(1個1万円以上)が購入日より90日以内に偶然な事故(破損、盗難、火災等)により生じた損害に対して、最高300万円まで補償されます。

補償対象外の商品や諸条件はありますが、保険があったほうが安心なのは間違いありません。

まとめ

入会費・年会費無料の割にはポイント還元や保険がしっかりしているので、自信を持っておすすめできるのが楽天カードです。

お得なカードが欲しいという人はぜひ申し込みをしてみてください。

他にもこんな記事があります。

ブラックリストでも作れたクレジットカードはコレ。審査に落ちた人は試してみてください | NO TITLE

Amazonプライムはマジで最高!会員特典やメリット、年会費・支払方法など | NO TITLE