ブラックリストでも作れたクレジットカードはコレ。審査に落ちた人は試してみてください

ブラックリストでも作れたクレジットカードはコレ。審査に落ちた人は試してみてくださいのアイキャッチ画像

私は数年前にキャッシングローンやリボ払いで滞納をしたために、ブラックリスト(信用情報に事故情報がある状態)になってしまいました。

一時はクレジットカードはもちろんのこと、携帯の分割支払いすらできない状態でした。

そんな私でも作ることができたクレジットカードを紹介します。

クレジットカードの支払いで滞納をしてしまった、審査に落ちてしまったという人は参考にしてください。

私のブラックレベル

ブラックリストと一口に言っても、その度合いは人それぞれ違います。

私がどれくらいのレベルのブラックリストだったかと言うと、

  • クレジットカードの長期延滞
  • カードローン(いわゆる消費者金融)から100万円ほどの借り入れ
  • 携帯電話の分割支払いで審査落ちる

と言う感じです。

上記の状態からは数年経っているので、ある程度の信用は回復してはいます。

ブラックリストでも作ることができたクレジットカード2枚

ブラックリストの私でも作ることができたカードは現在2枚あります。

それは楽天カードYahoo!カードです。

どちらも年会費無料で作ることができ、比較的審査が緩いと言われているクレジットカードです。

以下で、それぞれのカードの特徴やおすすめポイントを紹介していきます。

楽天カード

楽天カード

還元率 1%
年会費 無料
ブランド JCB・VISA・Mastercard・アメリカンエクスプレス
保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円

利用者数が日本一を誇るクレジットカードが楽天カードです。

多くの人が発行しているだけあって、審査は比較的緩いと言われています。

楽天カードの特徴は、以下のような内容になります。

楽天市場での買い物でポイントアップ

楽天での買い物ではポイントが+2倍になります。通常の楽天での買い物に比べると、3倍ポイントがお得になるのです。

つまり、楽天の買い物した時、100円で1ポイントから100円で3ポイントになります。

内訳は通常ポイントが100で2ポイント、1ポイントは期間限定ポイントになります。

クレジットカード利用のポイントを加味すれば、合計4%のポイントが付与される計算になります。

楽天市場で買い物をすると、かなりポイントが稼げるのでお得です。

ポイントが使いやすい

クレジットカード会社は独自のポイントサービスを行なっていますが、楽天カードのポイントの使いやすさはピカイチです。

楽天市場にある膨大な商品で使えるので、利用する商品が選び放題です。

クレジットカード会社によっては「ポイントが使える対象が微妙…」というパターンもあるので、その点は楽天カードが便利です。

楽天Edy一体型が便利

コンビニなどで電子マネーを使う人は多いと思いますが、楽天Edy一体型の楽天カードはとても便利です。

申し込み時に自動チャージ(後から設定も可能)にしておけば、わざわざチャージしなくても設定した金額を下回ると自動でチャージされます。

楽天Edyの利用とチャージ両方でポイントが貯まるので、ポイントの二重取りも簡単にできます。

まず作るなら楽天カードがおすすめ

この後Yahoo!JAPANカードについても説明しますが、両方使ってみた感じだと楽天カードの方がおすすめです

特に、楽天で買い物をする人は必須のクレジットカードです。

デザインが微妙と言う点以外では、大きな不満はありません。

無料なら十分すぎるほどの満足度です。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

還元率 1%
年会費 無料
ブランド JCB・VISA・Mastercard
保険 ショッピングガード保険
プラチナ補償(月額490円税抜)

nanacoへのチャージでポイント還元

現在、nanacoへのチャージでポイントが還元されるクレジットカードは少なくなっています。

Yahoo!JAPANカードは、nanacoへのチャージでポイントが還元される数少ないカードです。

入会時と買い物でTポイントがもらえる

2019年1月25日現在、Yahoo!JAPANカードに入会すると期間限定ポイントが4000ポイントもらえます。

有効期限は申込月を含む5カ月目の15日までで、

  • Yahoo! JAPAN
  • LOHACO
  • GYAO!

での利用に限定されています。

さらに、一回の利用で期間限定ポイントが2000ポイント(3回まで)もらえます。

全てのポイントを獲得すれば、合計10,000ポイントもらえる計算になります。

使えるお店は限られますが、かなりお得なキャンペーンです。

特典は少々物足りない

還元率は1%で悪くはないのですが、それ以外の特典はさほど魅力にかける内容かもしれません。

私はnanacoチャージ用でYahoo!JAPANカードを使っているのですが、メインのカードは今の所楽天カードです。

ただ、Tポイントはリアル店舗では加盟店が多くて利用しやすいので、楽天で買い物をしないという人はYahoo!JAPANカードの方がいいでしょう。

そもそもブラックリストとは?

厳密に言うと、ブラックリストと言うものが実際に存在する訳ではありません。

個人のクレジットカードやローンを利用した履歴が以下の機関に記録されます。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構

どの機関に記録されるかは、金融機関によって異なります。

もしクレジットカードやローンなどの支払いを延滞したり債務整理をしたりすると、これらの機関に「事故情報」として残ってしまうのです。

事故情報が記録されている状態を、一般的に「ブラックリスト」と読んでいるのです。

この記録は最長5年(自己破産だと10年)残ります。

長いですが、時間がたてば記録から消されます。

審査に通りやすくする方法

クレジットカードの審査を通りやすくする方法はいくつかあります。

キャッシング枠はなしにする

キャッシングは、ATMで現金が借りられる機能です。

ほとんどのクレジットカードでキャッシング機能が付けられますが、「なし」にした方が審査に通りやすくなります

「キャッシングを希望する」→「お金を借りたい」と解釈されるためです。

そもそもキャッシング自体あまりおすすめできないので、「なし」にしておきましょう。

審査に落ちたら最低6ヶ月は開けてから申し込む

審査に落ちた後、別のクレジットカードを申し込む場合は6ヶ月開けてから申し込むようにしましょう。

クレジットの申し込みをした記録は半年間記録されるからです。

残っているローン(住宅・自動車ローンを除く)は早めに完済する

消費者金融・カードローンなどの借り入れがある場合、早めに完済するようにして下さい。

ローンの借り入れ残高が残っている場合、クレジットカードの審査が通りにくくなります。

ボーナスなどの臨時収入があったら、使わずにまとめて返済に当てた方がいいです。

それでもクレジットカードの審査に通らない場合

クレジットカードに申し込んでみたけど、やはり審査に通らないと言う場合もあるでしょう。

その場合は、デビットカードをひとまず作っておきましょう。

ほとんどのデビットカードは審査不要で作ることができます。ブラックになってしまった人でも基本的に作ることができます。

デビットカードの特徴

先ほども少し触れましたが、デビットカードには以下のような特徴があります。

  • 原則、審査が不要
  • クレジットカードのように使える
  • 銀行口座の残高が即座に引き落とされる

あまり知られていませんが、多くの場所でデビットカードが利用できます。

Amazon(Amazonプライムの利用料)や楽天などのネットショッピングや、クレジットカードの加盟店でデビットカードが利用できます。

銀行口座にある残高分しか利用できないので、使いすぎて支払いができなくなることがありません。

クレジットカードに比べると微々たるものですが、一応ポイントも還元されます。

私もクレジットカードが作れない間は、デビットカードを利用していました。

クレジットカードの代わりとして、かなりおすすめできます。

まとめ

一度審査に落ちてしまうと、「もうクレジットカードを作れないかもしれない」と思うかもしれませんが、諦めてはいけません。

クレジットカードの会社によっては審査が緩い場合もあるからです。

また、上記のように審査に通りやすくする方法も試してみて下さい。