エックスサーバーでWordPressをインストールする方法(ドメインはお名前.com)

エックスサーバーでWordPressをインストールする方法(ドメインはお名前.com)のアイキャッチ画像

今回は、エックスサーバーにWordPressをインストールする方法を紹介します。

ドメインはお名前ドットコムで取得した場合で説明していきます。

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

ではまず、エックスサーバーにログインをします。

はい。ログインできましたでしょうか。

次にドメイン設定をクリックします。

「ドメイン設定の追加」をクリックします。

お名前ドットコムで取得したドメインを入力します。

「◯◯◯.com」とか「◯◯◯.net」などです。

「無料独自SSL」と「Xアクセラレータ」にチェックを入れている状態にしてください。

「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします。

これで完了です。無料SSLでエラーが出た場合でも、後から設定できます。

お次は、お名前.comにアクセスします。

ログインしてください。

「ドメイン設定」をクリック。

アラート

「更新画面から移動する」をクリックして下さい。

煽ってきますが、今すぐ更新しなくて大丈夫です。

「ネームサーバーの変更」をクリックします。

WordPressで利用したいドメインにチェックを入れて下さい。

「他のネームサーバーを利用」をクリックします。

もし項目が2つしかない場合は、「追加入力」をクリックして項目を増やして下さい。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

↑これを順番にコピペして下さい。

それができたら、「確認画面へ進む」をクリックして下さい。

ドメインとネームサーバーに間違いがなければ「設定する」をクリックして下さい。

しばらく待ちます。そこまで長くはかかりません。

これでドメインとサーバーが紐づくようになります。

お次は、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

WordPressをインストールしたいドメインを選択して下さい。

「WordPressのインストール」をクリックして下さい。

インストールURLを空にしても良いですが、複数のWordPressを入れられなくなります。

少し面倒な作業が増えますが、できれば「wp」などの名前をつけてそこにインストールしましょう。

多くの人は、インストールURLを「wp」としています。

ブログ名やユーザ名などの項目は後から変更できます。

あとは特にいじらずに、「インストール(確認)」をクリックして下さい。

間違いなければ「インストール(確定)」をクリックして下さい。

この画面になれば、WordPressのインストールは完了です。

SSL設定でエラーが出た場合(多分エラーになっている)は、SSL設定をします。

「SSL設定」をクリックします。

ドメインを選択します。

「独自SSL設定の追加」をクリックします。

特に変更はせず、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

これで追加できました。反映には少し時間がかかります。

SSLとは?

ここで設定したSSLというのは、第三者に情報を盗まれないように暗号化された通信方法です。

コメントフォームのメアドとか問い合わせフォームの内容が誰かに傍受されていたら大変ですよね。それを防ぐためにSSL化が重要になります。

WordPressにログインする時も、SSLの方が安心です。

検索においても、SSL化されたサイトを優先するとGoogleが明言しています。

SSL化されたサイトは、https://で始まるURLでアクセスすることができます。

アクセスしてみる

まずは「http://ドメイン/wp」のURLでアクセスしてみて下さい。

このような画面が表示されていれば、問題なくインストールされています。

これはデフォルトのテーマ(twenty seventeen、2018年11月22日現在のデフォルトテーマ)です。

次は、「http://ドメイン/wp/wp-admin/」でアクセスしてみて下さい。

このURLで、ログイン画面に進むことができます。

ログインをして、テーマを変えたりプラグインをインストールしたり、諸々の設定を進めて下さい。

SSLでアクセスしてみる

しばらくしてから、「https://ドメイン/wp/」のアドレスでアクセスしてみて下さい。

URLの最初が「https」になっているURLです。

このURLでもサイトを見れるようになっていれば、SSL設定が完了しているということです。

管理画面の「設定」に進んで、「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のURLをhttpsに変更して下さい。

これで基本的なWordPressの設定は完了です。

まとめ

他のサーバーだと、自分でデータベースを設定するものもありますが、エックスサーバーはその必要がありません。

「データベース」って何?って人でも、その存在を意識せずにインストールが完了しちゃいます。

これからWordPressを始めたいという人には、自信を持っておすすめできるサーバーです。

私もメインで使っているのはエックスサーバーです。

それでは、WordPressライフを楽しんでください。

他にも、こんな記事があります。

ブログに最適なおすすめWordPressテンプレートテーマ【2018年版】(日本語、有料&無料) | NO TITLE

SEOに強いおすすめ日本語WordPressのテンプレートテーマ(無料版と有料版) | NO TITLE

【レンタルサーバー】エックスサーバーのスペック、おすすめポイント・不満点 | NO TITLE