楽天証券の積立投信が楽天カードの利用でかなりお得!メリット・デメリット、おすすめの投資信託

楽天証券の積立投信が楽天カードの利用でかなりお得!メリット・デメリット、おすすめの投資信託のアイキャッチ画像

現在、楽天の積立投信を利用しているのですが、これがかなりおすすめできる内容でした。

ということで今回は、楽天証券の積立投信について書いていきます。

なぜ楽天証券の積立投信がお得なのか、そのメリット・デメリット、おすすめの投資信託を紹介しています。

これから投信信託を始めようと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

そもそも投資信託って何?

投資信託というのは、プロに資金の運用を任せるタイプの投資です。

私たちの代わりに資金の運用をしてくれる機関をファンドと言います。

投資信託には色々な商品があり、株式に投資するもの、債券に投資するもの、不動産に投資するものなど様々です。

ファンドはこれらの投資商品を対象に投資を行います。

楽天証券の積立投信のメリット

楽天証券の積立投信にはたくさんのメリットがあります。

ここに挙げるメリットを知らずに他の証券会社で投資信託を買うのは、損してるなあと思います。

楽天カードでポイント還元

私が楽天証券でも積立投信をおすすめする一番の理由が、楽天カードでの投資ができ、ポイントが還元されるからです。

毎月1%のポイントが還元されるので、例えば50,000円分注文した場合、500円分のポイントが付与されます。

ポイントは投信の積立に使うことができるので、複利効果を得ることが可能になります。

これを活用することで、投資信託で利益を出しやすくなるのです。

さらに、毎月ポイントで支払うと下記のようなメリットがあります。

楽天でのお買い物でポイントアップ

楽天証券のポイント投資で500円以上の注文があると、その月のポイントが1%アップされます(アップ分は期間限定ポイント)。

ポイントの利用は1ポイントだけでも良く、残りは現金や楽天カードでも大丈夫です。

積立投信なら毎月自動で投信を購入するので、毎月ポイントアップの対象となります。

私は毎月1ポイントだけポイント投資するように設定し、残りは楽天カードで支払っています。

これで、楽天市場での買い物がお得になります。

入金の手間が省けて楽

投資を行うのに面倒なのが、銀行口座から証券口座に資金を移す作業です。

通常、証券口座の残高がないと注文ができません。

楽天証券なら楽天カードで投資ができるので、証券口座の残高を気にする必要はありません。

クレジットの引き落とし口座に残高さえあれば大丈夫です。

楽天カードの詳細については、下記の公式サイトをご覧ください。

つみたてNISAで非課税

投資信託を積立方式で購入すれば、年40万円までの分配金と売却益が非課税になります。

通常のNISAは年120万円まで対象になるので、つみたてNISAは上限が低くなっていますが、非課税になる期間が最長20年と長いというメリットがあります(一般NISAは最長5年)。

将来を見据えて長期的に積み立てたいという方には、つみたてNISAがおすすめです。

 

楽天証券の投資信託については、公式サイトもご覧ください。

おすすめの投資信託

ここではおすすめの投資信託を紹介します。

インデックスファンドがおすすめ

投資信託は、インデックスファンドアクティブファンドの2つに分類されます。

インデックスファンドは、株価指数と同じ値動きをする投資信託です(株式投資信託の場合)。

一方、アクティブファンドは、株価指数よりも高いパフォーマンスを目指す投資信託です(株式投資信託の場合)。

株価指数というのは、日本で言うところの日経平均株価やTOPIX、米国ならダウ平均株価のような指標のことです。

投資信託を始めるなら、私はインデックスファンドをおすすめしています。

インデックスファンドは手数料が安いと言う特徴があるからです。

なぜアクティブファンドをおすすめしないのか

「株式指標よりも高いパフォーマンスを目指しているなら、アクティブファンドの方が良いのでは?」と思うかもしれません。

しかし、あくまで「目指す」のであって、それを達成すると約束されているわけではありません。

短期的に見れば株式指標よりも高いパフォーマンスをあげるファンドもありますが、長期的には手数料が高い分パフォーマンスが悪くなること多いです。

積立投資は長期的な視野で行うべきです。大きな利益をあげられなくても、安定的な運用を考えるべきです。

その点については以下の書籍で詳しく書かれているので、気になる方は読んでみてください。

おすすめのインデックスファンド

何を買って良いか分からないという人のために、私がおすすめする投資信託を紹介します。

おすすめは海外に投資するインデックスファンド

日本国内の経済は、少子高齢化の影響で人口が減るため、今後伸び悩むもしくは衰退していく可能性が高いでしょう。

経済というのは人口に大きく影響されるからです。

そのため、海外の金融商品に投資する投資信託がおすすめになります。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動したインデックスファインドです。

「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」は、米国のは、米国株式市場の大型株から小型株までを網羅し、投資可能銘柄のほぼ100%となる約4,000銘柄で構成された時価総額加重平均型の株価指数です。

インデックスファンドなので、運用管理費用が低く設定されているのも魅力です。

eMAXISSlim先進国株式インデックス

こちらは日本を除く先進国の株式に投資するインデックスファンドです。

一国への投資ではないので、リスクが分散されるのが特徴です。

運用管理費用が低く設定されているのも魅力です。

投資信託のリスク

投資信託は元本が保証されないので、購入した価格より基準価格が下がり損する可能性もあります。

投資信託をする上で知っておくべきリスクを解説します。

経済悪化のリスク

投資対象国の経済が悪化すると、基準価格が下がり損失が出る可能性があります。

最近では各国の株式市場が高値の水準にあり、今後大きく値を下げる懸念があります。

為替リスク

海外株式などに投資する投資信託ですと、為替変動の影響を受けます。

為替は国内や海外の経済、金利、政治情勢などに影響を受けて変動します。

楽天証券なら株式投資もお得

投資信託とは違う話題になりますが、楽天証券は手数料が安くてお得に株式投資ができます。

私は投資信託とは別に楽天証券で株式の売買もしています。

証券会社の中ではトップクラスの手数料の安さなので、もし興味があれば株式投資もチャレンジしてみても良いでしょう。

まずは楽天カードを作ろう

楽天証券で積立投信をするなら、楽天カードを作るのがおすすめです。

先ほども書きましたが、楽天カードで積立投信の決済をすればポイントが付き、それを再投資できるからです。

もし、楽天カードを持っていないのであれば、証券口座の開設と並行して楽天カードの申し込みをしておきましょう。

楽天カードは入会金・年会費無料で作れるので、持っておいて損はありません。

楽天カード

還元率 1%
年会費 無料
ブランド JCB・VISA・Mastercard・アメリカンエクスプレス
保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円

入会キャンペーンでポイントももらえますので、作るだけでお得なカードです。

詳しい内容は、こちらの記事でも詳しく書いています。

楽天カードを持つメリット・デメリットや特徴、他社カードとの比較!! | SHIROMAG

 

まとめ

銀行にお金を預けておいても雀の涙程度の利子しか付きません。

余剰資金で投資をすれば、値上がりによって利益を出せる可能性があります。

少子高齢化の影響で公的年金があてにならない時代ですから、長期的に積み立てておいて将来に備えるようにしましょう。

 

他にもこんな記事があります。

買い物が楽しくなる!おすすめ楽天ショップと買い物テクニック | SHIROMAG