エルゴヒューマン プロ オットマンの購入レビューと使い方【EHP-LPL-KM-11】

スポンサードリンク

先日、新しくデスクチェアを購入しました。

購入したのは、エルゴヒューマンのオットマン内蔵タイプのデスクチェアです。

 

とあるお店で試しに座ってみて、気に入ったので購入しました。

今回は、使ってみた感想と使い方について書こうと思います。

「エルゴヒューマン プロ オットマン」はこんな感じ

f:id:shiromatakumi:20180825185944j:plain

メッシュ素材となっています。

f:id:shiromatakumi:20180825185952j:plain

脚をかけるためのオットマンも内蔵しています。これが欲しくてこのモデルにしました。

「エルゴヒューマン プロ オットマン」使ってみた感想

箱から出して使ってみた最初の感想は、「???...使い方が分からない!!」です。

座り心地を確かめる前に、背もたれの角度や座面の高さを調節する方法がよく分からない。

おそらく、これを買ったばかりの人は同じ感想を抱くと思います。

しばらく色々いじってみて、操作の仕方がだんだん分かってきました。使い方さえ分かれば、とても便利なチェアです。

まず、背もたれの角度・位置、座面の高さ・位置、肘置きの高さ・位置、ヘッドレスト(後頭部をのせる部分)の高さ・角度、これらを調節することができるのです。

自分の好みにあった位置にカスタマイズできるチェア、それがエルゴヒューマンの良さです。

座り心地

座り心地はとても良いです。各部分の調整を行って、自分の好みの位置を探してみるのが良いでしょう。

デスクワークと休憩に使えるので、座り仕事をしている人にはかなりおすすめです。

背もたれを倒してオットマンを出せば、ゆっくり休憩することができます。

「エルゴヒューマン プロ オットマン」の使い方

使ってみた感じ、ちょっと癖のある操作感だったので、使い方が分からず調べる人も多いかと思います。

ここでは、このチェアの操作について説明しておきます。

関家具さんがYouTubeに動画をアップしているので、合わせてご覧ください。

www.youtube.com

レバーで背もたれ、座面を調整する

座っている状態で右手にあるレバーで、様々な調整が行えます。

座っている状態で手前に引くと背もたれの角度、
前に押すと、座面の位置を調整できます。真ん中にすると、固定されます。上に上げると、椅子の高さを調整できます。

 背もたれを倒すには、レバーを手前に引きます。

倒すときは、一度身体を起こして背もたれから離れるようにすると、上手くいきます。

座面の位置は、レバーを前に押すと調整ができます。

レバーを上にすると、椅子の高さを調整できます。

中央に戻すと、固定されます。

背もたれの硬さを調整

f:id:shiromatakumi:20180929183646j:plain

背もたれの調整レバーを回すと、背もたれの硬さを調整することができます。

背もたれのロックを外してもたれてみると、反発の仕方が違うのが分かります。

背もたれの高さ調整

f:id:shiromatakumi:20180903010857j:plain

背もたれの後ろにあるレバーを右にすると、高さを調整できます。

 

ヘッドレスト(後頭部)の角度・位置調整

f:id:shiromatakumi:20180929183540j:plain

ヘッドレストは高さと角度を調整することができます。

肘置きの高さ調整

f:id:shiromatakumi:20180929184156j:plain

ボタンを押すと、肘置きの高さを調整することができます。

まとめ

最初は「使いづらい?」と思いましたが、使い慣れると様々な調整ができて便利です。

10万近くしましたが、買って損はありませんでした。

皆さんも、自分の好みに調整してこのチェアを満喫してください。

 

他にもこんな記事があります。

お洒落なインテリア・雑貨が見つかるおすすめネットショップ・通販サイトまとめ - NO TITLE

Amazonプライム(アマゾンプライム)はマジで最高!会員特典やメリット、年会費・支払方法など - NO TITLE