Kindle(キンドル)とは?各モデルの違い・スペック比較、おすすめモデル!

Kindle(キンドル)とは?各モデルの違い・スペック比較、おすすめモデル!のアイキャッチ画像

現在Kindleには4つのモデルが存在します。同じKindleなのに何が違うのでしょうか?

今回は、4種類のKindleの違いを解説していきます。

そもそもKindle(キンドル)とは?

Kindleというのは、Amazonが販売している電子書籍リーダーです。電子書籍を読むための端末ですね。

電子書籍はAmazonのサイトやアプリ、Kindle端末内などで購入することができます。

文字などの表示には「E Ink」が使われています(E Inkについては次の章をごらんください)。「E Ink」は目に優しいので長時間の読書に最適です。

KIndleに使われている「E Ink」とは?

「E Ink」とはKindleや楽天のKobo、ソニーのReaderなどに採用されている電子ペーパーのことです(正確にはアメリカの企業名)。

通常の液晶画面だとバックライトが使われていますが、E Inkにはバックライトがなく目が疲れないんです。

しかも、一度表示されれば電力を消費しないので、非常に省エネなのです。

一般製品においてはまだカラーの表示には対応していません。

ただ、電子ペーパーの開発はかなり進んでおり、カラー表示はすでに実現しています。これが一般的な製品に利用される日も近いのではないでしょうか。

Kindleのメリット

Kindleのような電子書籍リーダーには、紙の本と比較していくつかのメリットがあります。

持ち運びがとにかく楽

普通の書籍だと何冊も持ち歩くと大変ですよね。それでも気分によっていくつか本を持っておきたいこともあるでしょう。

電子書籍なら一つの端末でたくさんの本を持ち運べるので楽ですね。

欲しい本がすぐに手に入る

紙の本だと、読みたい本があった場合書店に行って探すのが普通ですよね。書店に行っても「取り扱ってない」、「在庫がない」なんてこともあります。

お店やネットで注文しても、手元に来るのが数日後になってしまいます。

その点、電子化されていれば在庫を気にせず購入することができます。

「〇〇の本を読みたい」と思ったその時点で本を購入することができるのです。

かさばらない・省スペース

紙の本は、たくさん購入するとかなりスペースをとりますね。私も家に大量の本があったのですが、狭い部屋をさらに圧迫させていました。

本があるだけで引っ越し費用もたかくなってしまうし…。

その点、電子書籍はデータなのでかさばることがありません。4GBの中に数千冊の本を保存することができます。

数千冊なんて一生かけて読む冊数ですよね。

ちょっと安い

全ての書籍ではありませんが、一部の電子書籍は紙の本より数十円~数百円安くなります。

チリも積もればなんちゃらかんちゃら。たくさん本を読む人には嬉しいですね。

Kindleのスペック・価格比較

個々のモデルの説明をする前に、まずはざっくりと各モデルの違いをスペック表にしてみました。

はみ出た部分は横にスワイプ・スクロールしてご覧下さい。

モデル Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis (New!!)
価格(キャンペーン情報あり)
(2018年11月18日現在)
¥7,980 ¥13,980
(32GB ¥15,980)
¥32,980(32GB)
価格(キャンペーン情報なし)
(2018年11月18日現在)
¥9,980 ¥15,980
(32GB ¥17,980)
(無料4G 22,980)
¥34,980(32GB)
(無料3G ¥40,980)
内蔵ライト なし あり-LED 5個使用 あり-LED 12個使用
明るさの自動調整機能付き
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン
ページめくりボタン付き
解像度 167 ppi 300 ppi 300 ppi
防水性能 なし あり あり
バッテリー 数週間
ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fi Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料4G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
重量 161g Wi-Fi : 182g
Wi-Fi + 無料4G : 191g
Wi-Fi : 194g
Wi-Fi + 無料3G : 194g
サイズ 160 x 115 x 9.1 mm 167 x 116 x 8.18 mm 159 x 141 x 3.4-8.3mm
ディスプレイサイズ 6インチ 6インチ 7インチ
反射抑制スクリーン あり あり あり
ストレージ 4GB 8GB/32GB 8GB/32GB

スペック表引用元:Kindle Paperwhite Wi-Fi

念のために「3G・4GG?」「キャンペーン情報?」って人のために説明をしておきます。

3G・4Gとは?

KindleにはWi-Fiのみのモデルと、3G・4G回線が利用できるモデルがあります。3G・4G回線と言っても月額料金を支払う必要はなく、Amazonが負担してくれます。

この3G・4G回線はAmazon商品の検索やダウンロードに利用できます。

ただし、コミックのような大きいデータのダウンロードでは使用することができません。

「キャンペーン情報つき」とは?

「キャンペーン情報つき」を選択すると2000円お得になる代わりに広告が表示されるようになります。

広告が鬱陶しいと思う人は2000円出して「キャンペーン情報なし」を選択しましょう。

広告があっても気にならない人は「あり」でお得に購入しましょう。

4つのモデルの特徴

「Kindle」、「Kindle Paperwhite」、「Kindle Paperwhite マンガモデル」、「Kindle Oasis」の4つのモデルがあります。

Kindle

最も価格の安いのは無印のKindleです。

カラーはホワイトブラックの2色展開です。

お手頃な値段で購入できますが、スペックは物足りない感は否めません。これを買っても高確率でKindle Paperwhiteが欲しくなると思います。

他のモデルが解像度が300ppiに対して167ppiで、フロントライトもありません。

キャンペーン情報つきで7,980円、キャンペーン情報なしで9,980円となっています。

内蔵ライト なし
ページ送り タッチスクリーン
解像度 167 ppi
防水性能 なし
バッテリー 数週間
ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fi
重量 161g
サイズ 160 x 115 x 9.1 mm
ディスプレイサイズ 6インチ
反射抑制スクリーン あり
ストレージ 4GB
最大数千冊(書籍の場合)
Amazonコンテンツは
クラウドに無料・容量無制限に保存可能

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteは無印のKindleの上位版です。

カラーはホワイトブラックの2色展開です。ちなみに私はホワイトを買いました。

はじめてのKindleでよく分からないという人は、とりあえずKindle Paperwhiteを買っておけば問題ないと思います。それくらいコスパが高いです。

無印Kindleと違い、フロントライトが内蔵しているので、暗い所でも見やすいですし、解像度も300ppiです。

価格表

(8GB価格表) キャンペーン情報つき キャンペーン情報なし
Wi-Fi ¥13,280 ¥15,980
Wi-Fi + 無料4G
(32GB価格表) キャンペーン情報つき キャンペーン情報なし
Wi-Fi ¥15,980 ¥17,980
Wi-Fi + 無料4G ¥22,980

価格は2018年11月18日現在。

8GBでは無料4Gモデルはありません。

Kindle Paperについての詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。

内蔵ライト あり-LED 5個使用
ページ送り タッチスクリーン
解像度 300 ppi
防水性能 なし
バッテリー 数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料4G
重量 Wi-Fi : 182g
Wi-Fi + 無料4G : 191g
サイズ 167 x 116 x 8.18 mm
ディスプレイサイズ 6インチ
反射抑制スクリーン あり
ストレージ 8GB/32GB

Kindle Paperwhite マンガモデル

上のモデルとマンガモデルの違いは、容量です。マンガは通常の電子書籍に比べてデータサイズが大きくなります。

そのため、32GBと大容量となっています。(旧モデルは4GBでしたが、最新モデルのKindle Paperwhiteは32GBモデルもあります)

マンガモデルには3Gモデルはありません。3Gではマンガのような大きいサイズのデータがダウンロードできないためです。

価格はキャンペーン情報ありで¥ 16,280、なしで¥ 18,280となっています。

Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite
マンガモデル
内蔵ライト あり-LED 4個使用
ページ送り タッチスクリーン
解像度 300 ppi
防水性能 なし
バッテリー 数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
Wi-Fiのみ
重量 Wi-Fi : 205g
Wi-Fi + 無料3G : 217g
205g
サイズ 169 x 117 x 9.1 mm
ディスプレイサイズ 6インチ
反射抑制スクリーン あり
ストレージ 4GB 32GB

Kindle Oasis

最近新型が発売されたばかりのKindle Oasisです。初の防水機能が付いたモデルです。

ストレージは8GBと32GBの2種類があります。

他にも、ページめくりボタンがあり、ディスプレイも7インチと大きめです。

少しサイズが大きくなるので、どちらかというと持ち運ぶより家で読書を楽しむ人向けではあります。

内蔵ライト あり-LED 12個使用
明るさの自動調整機能付き
ページ送り タッチスクリーン
ページめくりボタン付き
解像度 300 ppi
防水性能 あり
バッテリー 数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
重量 Wi-Fi : 194g
Wi-Fi + 無料3G : 194g
サイズ 159 x 141 x 3.4-8.3mm
ディスプレイサイズ 7インチ
反射抑制スクリーン あり
ストレージ 8GBと32GB

価格表(32GB)

キャンペーン情報つき キャンペーン情報なし
Wi-Fi ¥32,980 ¥34,980
Wi-Fi + 無料3G ¥40,980

価格表(8GB)

キャンペーン情報つき キャンペーン情報なし
Wi-Fi ¥29,980 ¥31,980
Wi-Fi + 無料3G

Kindle Oasisの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。

新型Kindle Oasis(キンドル オアシス) 2017年モデル発売!スペック比較や旧モデルとの違い – NO TITLE

おすすめモデルはどれ?

私が思うに、キンドルを買うならこの三択です。

今Kindleを買うなら、Kindle Paperwhiteがおすすめです。

以前はKindle Oasisだけが防水でしたが、新型のKindle Paperwhiteはついに防水になりました。

しかも、8GBと32GBの容量を選べるのもポイントです。

これだけハイスペックになって、価格も安いPaperwhiteが最もコスパが良いと言えるでしょう。

Fire/Fire HD タブレットとの違い

Amazonが出している端末に、Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10というのがあります。

FireKindle全くの別物です。

まず、Fireシリーズは電子書籍リーダーではなくタブレット端末です。ですので、アプリをダウンロードしたり、ネットサーフィンをしたりできます。

もちろん電子書籍も読めますが、Kindleのような目の疲れない仕組みにはなっていません。

iPadなどの端末に比べると動作が遅くて、機能はそこまで充実していないので、ちょっと微妙ですが、価格はかなり安いです。

Kindleではカラーで閲覧ができないので、カラーの電子書籍を読みたいときに使用するという方法もあります。

「E Ink」ではないですし、バックライトで照らされるのでKindleとは違って目が疲れやすいのは注意が必要です。

Kindleが電子書籍専門に対してFireシリーズは動画も観れるので、プライムビデオやNetflixなどの閲覧用に使用してもいいでしょう。

前述しましたが、Fireのスペックはあまり高くないので、個人的にはFireシリーズを買うならiPadを買ったほうがいいとは思います。

Kindleをお得に購入する方法

ちなみにAmazon Primeには入っていますか?

もしKindleを購入するのであれば、Amazon Primeに入っておくことをおすすめします。

なぜかと言うと、プライム会員ならKindleが4000円引きになるからです。

プライム会員の年会費は3900円なので、一年間実質無料でプライム会員になることができる計算になります。

私ももちろんプライム会員に入っています。

プライム会員の特典は、めちゃくちゃいっぱいあります。

送料無料、時間指定やお急ぎ便が無料、プライム・ビデオ、Prime Music、Prime photos、プライム・デー(会員限定セール)、プライム会員限定クーポンなどなど、私が数えただけでも19個ありました。

アマゾン プライムの詳しい内容はこちらの記事をご覧下さい。

Amazon Prime(アマゾン プライム)は本当に最高!会員特典やメリット、年会費・支払方法など – NO TITLE

注意:価格などの情報は2017年11月17日現在のものです。最新の情報と異なる場合もあります。詳細はリンク先にて確認してください。

同じカテゴリーの記事を読む。

暮らし カテゴリーの記事一覧 – NO TITLE

Fin–