NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

奢った金を返せという男はダサすぎる

スポンサードリンク

※元記事から大幅に内容を変更してお送りいたします

 

「奢ってあげたのに」と文句を言うのはダサいよ

奢った金を返せという男がいる。また会うつもりがないのなら、返せと。

 

もし「奢ってください」と女性が言ったのなら話は別だが、多くの場合男性の意思で奢ることがほとんどだ。

男性に奢るという意思がない限り、「奢る」という行為は行われないのが通常。

 

それにも関わらず、その女性とその後関係が上手くいかなかったからと言って、返金を求めるなんておかしい。奢ったのは強制されたのではなく、男性の意思なのだから。

 

もちろん、奢った時に「ありがとう」という一言がなかったなら怒ってもいいと思う。しかし、そうではなく見返りがなかったからと言って後からケチをつけるのは何ともカッコ悪い。

 

返金を求めるだけでなく、「奢ってあげたのに冷たい」「奢ってあげたのに、また会ってくれない」なんて言うのもカッコ悪くないか?

多分、そういうセコイ人間性が見透かされているから女性は会いたくなくなるのだと思う。

後からケチをつけるくらいなら奢らなければいい

男性は女性に奢らなくてはいけないなんてルールはない。男女平等に向かっている日本、そして格差社会で男性の稼ぎも苦しい。払わなくてはいけない理由なんてない。

にもかかわらず、奢ってあげたいと思うのなら、それは強い意思だ。せっかくその意思を持つのなら、文句を言わずに押し通してくれ。それができないなら奢るな。奢らないと好かれないなんてことはない。

 

これは男女の関係だけではなく、上下関係にも言える。奢るという行為に見返りを求めるのは非常にみっともない。

 

以上が私の考え。奢りたければ奢ればいい。奢りたくなければ奢らなくていい。しかし、後から文句を言うのが最も質が悪い。